まちづくり情報

HOME > まちづくり情報 > 「サステイナブル」事業レポート

サステイナブル事業レポート

大崎エリアマネージメントは、環境省がすすめる
「サステイナブル都市再開発促進モデル事業」を受託しました。
先進的な地球温暖化対策に取り組む都市再開発事業者への支援を通じ、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取り組みを推進する「サステイナブル都市再開発促進モデル事業」を、大崎エリアマネージメントが受託しています。これにより大崎駅周辺地域は、CO2削減に向けた着実なステップを踏み出しています。

サステイナブル都市再開発促進モデル事業とは

【目的】
昨今の地球温暖化問題に対する国民の意識の高まりにより、これからの都市再開発事業の実施に当たっては、積極的に温暖化対策を進めることが求められています。このため環境省では、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的なCO2削減を図るため、先進的な温暖化対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取り組みを推進します。
【対象事業】
建物単体の対策に加えて敷地全体を利用した面的な対策等により、積極的にCO2削減を図ろうとする都市再開発事業であって、計画段階においてCO2削減効果の評価とこれに係る住民への説明や意見の募集などを行う事業。(この場合のCO2削減対策には、再生可能エネルギーの導入や省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等のヒートアイランド対策やリサイクルの推進等の間接的な対策、並びにグリーン電力やクレジットの導入等のミティゲーションを含みます。)
【支援内容】
公募によって採択された提案について、CO2削減対策に係る事業設計に対する調査・予測・評価、環境保全措置等の活動への支援及び当取り組みを住民に周知するための措置等への支援を、環境省から提案者(都市再開発事業者など)に対する委託事業として実施します。

ページの一番上へ

事業受託により大崎が目指すものとは

これまで、大崎駅周辺地域では、平成17年に「環境配慮ガイドライン」及び「環境配慮マニュアル」を策定し、省エネ設備の導入やヒートアイランド現象の抑制等によるCO2削減に積極的に取り組んできました。しかしながら、これらの対策の「有効性の検証」等は行われてきませんでした。
サステイナブル都市再開発促進モデル事業受託に基づく
新たな取り組み
事業受託による支援に基づき、これまで欠けていた「有効性の検証」を行い、その検証結果等をこれから行われる事業に活かすことにより、今後のCO2削減に係る取り組みをより効果的に推進していきます。

【CO2削減対策の「有効性の検証」に向けた調査の内容】

  1. (1)大崎駅西口地区全体の施設建築物整備に採用された省CO2手法とその効果についての検討
  2. (2)「大崎の森」のヒートアイランド現象抑制効果についての分析評価
  3. (3)竣工済のThinkparkを対象としたエネルギー消費・人工排熱・屋外熱環境の実態把握
さらに、これらの調査結果を、新たに大崎駅周辺地域の「環境配慮ガイドライン」や「環境配慮マニュアル」の内容拡充に反映させること等により…

大崎駅周辺地域で今後行われる再開発事業における、より効果的なCO2削減やヒートアイランド現象抑制に役立てていきます。


◎大崎エリアマネージメントでは、当レポートの報告内容に対する地元の皆様の感想・ご意見を募っています。 「お問い合わせ・投稿」よりお寄せください。
最新情報、及びお寄せ頂いた感想・ご意見の一覧はこちら