まちづくり情報

HOME > まちづくり情報 > スマートシェア倶楽部・大崎

スマートシェア倶楽部・大崎

低炭素化と、災害に強いまちを、次世代へ― 「スマートシェア倶楽部・大崎」誕生。

「スマートシェア倶楽部・大崎」とは…

「スマートシェア倶楽部・大崎」は、倶楽部を推進する会員(プレミア会員、賛助会員)の支援のもとに、地域でシェア(共有)する資産を整備し、一般利用者と共同利用するコミュニティです。 その目的は、災害に強い、環境に配慮した地域の共有資産を次世代につなげること。――これに向けて、まずは環境対応自動車の共有利用事業(EVカーシェアリング)からスタートしました。 次世代につなげる持続可能な地域社会づくりへ、「スマートシェア倶楽部・大崎」の取り組みにご支援ください。

(※一般社団法人大崎エリアマネージメントは、「スマートシェア倶楽部・大崎」の事務局として参画しています。)

地域で電気自動車を共用する「EVカーシェアリング」開始!

「EVカーシェアリング」は、地域の共有資産としてEV(電気自動車)を共同保有・利用し、災害時には地域の非常用交通手段や電源として活用することを目指します。また、EV走行分の使用電力にグリーン電力証書を使用、地域の再生可能エネルギー普及にも貢献します。
なお、車両(リース車)を含むEVカーシェア・ステーションの設備や用地は「プレミア会員・賛助会員」が提供。地域の住民、企業等がこれを共同利用します。(※プレミア会員はEV2台を無料で利用できます。)

低炭素化と、災害に強いまちへ、「EVカーシェアリング」を!

1. EVカーシェアリング・通常時のはたらき
空気を汚さないEVの共有利用で、地域の「低炭素化」を促進します。さらに、充電には、品川区内に設置された一般家庭や企業等の太陽光発電の環境価値(グリーン電力証書)を活用することで、地域の再生可能エネルギー普及に貢献します。
2. EVカーシェアリング・非常時のはたらき
非常用の交通手段として、またEVの充電電力を電源として活用することができます。これにより、自治体へEVを提供して災害復旧に役立てることが期待されます。
地域の低炭素化と、災害にも強い安全・安心なまちの実現へ、「EVカーシェアリング」のご利用をおすすめします!

大崎駅西口に、EVカーシェア・ステーションOPEN!

大崎駅から徒歩約4分の近さ(ThinkPark裏)に、充電設備の設置のもとEV2台とハイブリット車1台を配備しました。(※駐車場用地や設備はプレミア会員が提供)また、「カレコ・カーシェアリングクラブ」を窓口として、現在、EVカーシェアリングの一般ご利用会員を募集しています。
空気を汚さないEVで、「所有」から「利用」へのスマートなライフスタイルを実現しませんか!


「スマートシェア倶楽部・大崎」のコミュニティ推進活動にご賛同ください。

「スマートシェア倶楽部・大崎」の設立背景と目的

再認識された「地域のつながり(コミュニティ)」の重要性
辛く厳しい東日本大震災の経験は、エネルギー、防災問題への国民意識の転換をもたらしました。とくに原発事故による電力不足は、系統電源依存から地域ごとの分散型電源活用への転換と、さらに再生可能エネルギー普及の必要性を認識させました。また、迅速な復旧活動手段の確保も含めて、復興活動時における地域のつながりの重要性が再認識されるなど、これからは地域コミュニティがエネルギー、防災問題へ主体的に取り組み、つながりを強化していくことが強く求められています。
地域の企業、人、行政が一体となった地域コミュニティを
「スマートシェア倶楽部・大崎」はこうした課題に向けて、地域でのエネルギー(特に再生可能エネルギー)自給と活用に基づく「災害に強い街づくり」と、さらに「地域の低炭素化」をテーマに、地域の企業、住民が任意で集まる会員(コミュニティ推進)組織として発足。行政の支援のもと、この目標に向け力を合わせていくこととしました。会員となる地元企業の方々や住民の皆さんが意見や資金、労力を出し合い、次世代につなぐ地域の共有資産となる地域インフラの整備を中心に事業を行っていきます。

「スマートシェア倶楽部・大崎」の概要

名 称 スマートシェア倶楽部・大崎
設立日 2011年12月1日
事業開始日 2011年12月16日、本格稼動: 2012年1月26日
事業概要 EVカーシェアリング(EV車両2台)
EVステーション所在地: 東京都品川区大崎2-2
●利用料金
<プレミア会員>月額参加費のみ、都度利用料は無料
<一般会員>都度利用料は130円/10分+7円/q
      ※プランにより月会費もしくは年会費あり。
事業運営委託先:カーシェアリング・ジャパン株式会社(カレコ・カーシェアリングクラブ)
発起人 株式会社明電舎
プレミア会員 株式会社明電舎、株式会社世界貿易センタービルディング
(※コミュニティ推進組織としては、他に「賛助会員」があり)
事務局 一般社団法人大崎エリアマネージメント
東京都品川区大崎2丁目11-1 2C

EVカーシェアリング事業について

(※2012年2月末現在)
阪神淡路、東日本の2つの大震災の経験で私達が知ったことは、「電気」が他のライフライン(水道、都市ガス)に比べ格段の早さで復旧した事実でした。また、ガソリンの供給停滞により、被災地での救援物資の移送が困難となったケースも非常に多く、このことから災害復旧時の移送手段として、また蓄電を活かした病院や避難所での非常時電源としても(実際に成果を挙げたことからも)EVの働きに大きな期待が寄せられています。排気ガスを出さず、災害時にも役立つEV。これを次世代につなげる地域資産として整備し、共有利用するEVカーシェアリングこそは、「所有」から「利用」への時代の指向変化という視点からも、合理的かつ必要性の高い取り組み事業と言えます。
  1. 車両、土地はプレミア会員が提供し、品川区や地域の住民等と共有利用します。(プレミア会員は電気自動車2台を無料で利用可)
  2. 電気自動車の充電時に発生するCO2は「グリーン電力証書」により、ゼロ化。「グリーン電力証書」は品川区内の個人住宅や企業に設置済の太陽光発電から購入し、地域の太陽光発電等の再生可能エネルギーの普及拡大に貢献します。
  3. 電気自動車の走行距離に応じて、環境価値(国内クレジット)が発生します。(このしくみを行うためEV テレマティクスを導入)このクレジットは経団連等の自主行動計画に充当することが可能です。
  4. 事業収益は、プレミア会員内での協議のうえ、その使い道を決定します。地域の一般会員(利用者)向けに自社製品のクーポンを配付することなどが考えられます。
プレミア会員 ■ 地域づくりへの主体的参画
■ 地域共有資産の有効活用(EVの無料利用)
■ 地域貢献のPR
■ 環境価値(グリーン電力証書・国内クレジット)の有効活用
賛助会員 ■ 地域づくりへの意見提案
■ 地域貢献のPR(タイアップPR)
一般(利用)会員 ■ EVカーシェアリングの利用(利用時間 10分 130円 〜 + 距離料金1km 7円)

(2015年1月末現在)

“次世代につながる地域資産を提供しあうコミュニティ”「スマートシェア倶楽部・大崎」のEVカーシェアリング事業へ、企業、団体各位のご理解ご賛同をお願い致します。