広告媒体のご案内

HOME > 夢さん橋ビューロードのご案内

夢さん橋ビューロードのご案内

「映像」と「ポスター」の情報空間、大崎・夢さん橋ビューロードから
ナイスメッセージ(広告&情報)、発信しませんか。

広々とした改札口オープンデッキにゆったりと並ぶポスター&マルチビジョン。副都心大崎へ来る人、くらす人に、さながらギャラリー・アートのように観賞され、そこに込めた思い思いの企業メッセージが人々の目と心に深く伝わっていきます。

副都心大崎に集まる多くの人々の目と心へ、強力訴求。

大崎駅南口改札前のデッキに並ぶ「大崎ウェルカム・ビジョン」と全35枠の「ギャラリーボード」から、膨大な数の大崎駅降乗客に向けて貴社をアピールします!―賑わいのアクセス機能がますます高まる“副都心の出入口”大崎駅東西自由通路(夢さん橋)上の情報拠点。多くの通勤者、居住者、来街者が行きかう“人とまち&情報の架け橋”「夢さん橋ビューロード」から、貴社の価値あるメッセージを発信してみませんか。

  • 大崎駅南口改札前のニューシンボル、
「大崎ウェルカム・ビジョン」
    改札の真正面から人々の視線をダイレクトにとらえる、大迫力マルチビジョン。まちとくらし、身近なビジネス情報など、幅広い映像コンテンツを毎日約14時間にわたって放映します。
  • 1枠1枠が美術館の絵のように訴求する
「ギャラリーボード」
    橋上の“オープンギャラリー”に高品位な都市景観性と公共性を備えて並ぶ35枠の高感度ポスター。行きかう人々に語りかけるかのような“ゆったり感”の高訴求メディアです。
  • 育ち盛りのまち大崎。
南口改札利用者は1日83,000人から、
さらに急増が見込まれます。
    副都心大崎の核ステーション、大崎駅の利用者は平日1日平均約17万人(南口改札利用者は約9万人)。大規模複合ビルを創出した西口地区再開発事業の完成により、「夢さん橋」は多くの人の流れを呼び込んでいます。

媒体仕様

 ●設置箇所 大崎駅南口改札正面
 ●設置規模 W3,800×H3,000×D1,100mmのボックスユニットに、50インチハイビジョンモニター4基(スピーカー2基)
 ●放映時間 AM7:00〜PM9:00
 ●発信情報 品川区ほかの公共公益情報、生活情報、並びに広告情報(番組及びCM)
 ●広告形態 既成のCMスポット放映、または新規制作のCM及びパブリシティ番組(PR情報)の放映

ウェルカムビジョン媒体資料のダウンロード
(PDFファイル 690KB)

 ●設置箇所 大崎駅南口改札付近からThinkpark方面に向かう東西自由通路鉄道上空部分のガラス高覧(全35枠)
 ●媒体面積 横1,553mm×縦841mm
 ●掲出方法 耐湿樹脂加工紙ポスター挟み込み (ベースパネルにポスター添付、透明アクリルライトカバー)(※一部、電照方式)
 ●出稿形態 デザインデータによる出稿またはOAMによる代行制作

ギャラリーボード媒体資料のダウンロード
(PDFファイル 540KB)

「広告媒体の最新情報」はこちら